廃車を業者に依頼

去年の年末に私が長年使っていた軽自動車を処分したのですが、その時には少しばかり困ったことになったのです。
私の使っていた車はすでに10年が経過していたので、次には車検を入れないという事にしていました。

しかし、車検の期日までは後半年以上が残っていたので、半年後に次の車を買う予定だったのです。

しかし、エンジンがどうも調子がおかしいことが多くなってきたのです。
エンジンが停止することはないのですが60キロ以上で走行しているときに、急にタコメーターが下がる事があります。

このような現象はほんの数秒ではあるのですが、アクセルを踏んでいても加速ができない状態になります。
特に不具合と言った状況でもないのですが、どうもこれが原因で急にエンジンが停止するのでは?という不安がつきまとっていたのです。

それと同時に、ブレーキに関するトラブルもあったので、
どうにか使える状態ではあったのですが、もしもの時の故障がもうすぐに迫っているような状況が感じられたのです。

なので、急いで廃車手続きのできる業者に連絡をして状況を話してみたのです。
廃車の手続きをするには、住民票と車の権利を譲渡するためのサインをして印鑑押すだけです。
つまり本来の廃車ではなく、廃車専門の業者に車を譲渡するという形です。

見た目的にはまだまだ使える車だったので、
廃車専門の業者が部分的に修理をして、販売するというやり方もあるのではないかと思います。
ただ、長く持たない事だけは間違いのない事でした。